スプラトゥーン3のマップ【スプラトゥーン3】

※アップデートで大きく変更になる可能性があります。

スプラトゥーン3ではスプラトゥーン2のマップとスプラトゥーン1のマップで発売当初は12個用意されているようです。

アップデートで追加はされると思いますが、シューターゲームでのマップ理解度は非常に大事なので、過去のスプラトゥーンをプレイしている人には最初は有利不利があるかなと思います。

実際にプレイしないとわからない部分が多いので、発売後に修正していきます。

マップ理解度を高める手っ取り早い方法は実戦ですが、その前に散歩をしておくというのも手なので、スプラトゥーン3でも積極的に活用していくことが重要です。

マップ一覧

マップ一覧
  • ユノハナ大渓谷(NEW)
  • ゴンズイ地区(NEW)
  • ヤガラ市場(NEW)
  • マテガイ放水路(NEW)
  • ナメロウ金属(NEW)
  • マサバ海峡大橋(1)
  • キンメダイ美術館(1)
  • マヒマヒリゾート&スパ(1)
  • 海女美術大学(2)
  • チョウザメ造船(2)
  • ザトウマーケット(2)
  • スメーシーワールド(2)

スプラトゥーン3固有のマップと、初代スプラトゥーンとスプラトゥーン2のマップが最初から混ざっています。

初代スプラトゥーンのマップは、スプラトゥーン2では採用されていなかったマップです。キンメダイ・マヒマヒは初代スプラトゥーンプレイヤーにとってはかなり懐かしいのではと。

スプラトゥーン2から引き続きなマップはお馴染みのマップです。

スプラトゥーン1のマップ

判明しているものですでに3つ、初代のスプラトゥーンからマップが採用されます。

2のときに、細かいところを変えず、サイズ感も同じ状態で、前作のマップが採用されたときは結構戸惑いました。

たしかスプラトゥーン1と2では射程とかインクの軌道とか、メイン武器の性能が結構大きく変わったんですよね。

そのせいで、そのままのイメージでプレイしたら結構大変でした。

ただ、スプラトゥーン2からスプラトゥーン3においては、メイン性能は基本同じだとサイトに書いてあるので、2のマップは違和感なくプレイできそうです。

初代スプラトゥーンのマップで、スプラトゥーン2に採用されなかったキンメダイやマヒマヒは久しぶり過ぎて、感覚をつかむのがなかなか大変そうです。

キンメダイ美術館

動くオブジェクトが非常に邪魔なマップです。

スプラトゥーン1ではトルネードが結構死んでしまっていたスペシャルでしたが、キンメダイは意外と有効だった古い記憶があります。

スプラトゥーン3ではトルネードの亜種みたいなスペシャルがあるので、どんな使用感か楽しみです。3つ投げられるし、ガチエリアでは活躍しそうです。トルネードと言ったらマヒマヒでのファイナルクリスタルダストですが、今回のスペシャルでファイナルクリスタルダストが復活するんですかね。

中央部分は回転オブジェクトが邪魔で微妙に狭いため、傾斜や段差を上手く使うことで短射程武器でも十分戦えるマップでしたが、細かい部分はどうなってるんでしょうね。

ぱっと見では届かないところが実は届くマップでもあって、こつこつ練習したりなんて古い記憶があります。

ダイオウイカもバリアもない中央エリアの戦いは、それはそれで面白そうです。

マヒマヒリゾート&スパ

水没マップ。

スプラトゥーン3では大きく回収かされ、別マップになっています。

ただでさえ落ちやすいマップなのに、スプラトゥーン1の時には存在しなかったマニューバーがあるスプラトゥーン3ではかなり怖いステージですね。

スプラトゥーン1の時はリッター天国なマップで、相手にリッターがいる時には絶対に通ってはいけない場所がありましたが、スプラトゥーン3でも長距離武器には注意が必要です。

時間経過とともにステージの地形が変わるのは、初代スプラトゥーンと同じですね。

バリアをはじかれて水没したり、行き場のない場所にメガホンを打たれるのもお馴染みのステージでしたが、スペシャルが大きく変わるスプラトゥーン3の環境ではかなり違った形になるでしょう。

マサバ海峡大橋

初代スプラトゥーンのときにはまだ工事中でして、当時とは多少変わってるのではと推測されるステージです。

非常に縦長のマップですが、横幅がなく難しいマップでした。

横に非常に細長いガチエリアは独特のプレイ感でしたね。

建築物の特性上、縦長なのは変わらなそうですが、完成した橋として、どんなステージになるのか未知数です。

スプラトゥーン2のマップ

海女美術大学

全体的に狭くて窮屈な感じがします。

自陣に少し入られるだけで完封されやすいマップなので前に前に出ていきたいマップです。

左右も中央も自陣側手前も狭く、中央を気にしている間に側面から徒歩で入られると押し込まれやすく、味方と合わせないと打開が難しいマップですね。

狭くて十分なスペースがなく、ルートを抑えやすいマップは味方と合わせる意識が重要になります。

チョウザメ造船

広いようで実は中央にアクセスしづらく、かつ、あまりスペースがないマップです。

ここも自陣手前に敵に入られてしまうと厳しいので、逆に自分たちで押し込む形を作らないと厳しいです。

不利状況からの打開は味方と合わせる必要があります。

海女美術と同じく、前に前に出ていきたいマップです。

ザトウマーケット

このマップは、敵の目をかいくぐって、どの場所にもアクセスしやすいため、押し込まれてそのまま終わりにはなりづらく、戦いながら個人でも打開の芽を見出しやすいマップです。

とは言っても、打開の基本は味方と合わせるなのですが、適当に個別で戦っても、その人の技量次第では打開出来てしまったりするので、雑になりやすい部分もあります。

きちんとわかっている敵が相手になるとそう簡単ではないですが。

スメーシーワールド

中央の回転ギミックは向きがあるので注意が必要なマップですが、ルートが複数あり意外と広いので、不利状況でも打開しやすいマップです。

ある程度の広さがあり、複数のルートからオブジェクトにアプローチできるマップなので、上手く敵が見ていないルートを選択することで打開できます。