「Xbox Game Pass」 マイクロソフトのサブスクリプションゲームサービス、日本でも4/14から開始 初月100円で利用可能

日本でもマイクロソフトの定額サブスクリプションゲームサービス「Xbox Game Pass」が4/14から始まりました。

Windows10も対応しているとのことで、PCゲーマーとしては嬉しい限りです。ちなみにwin10で使用する場合はこのリリース時のWindows10(最新アップデート)とXbox(ベータ)アプリが必要になります。

プランは3つあります。

画像はXbox公式サイトより

  1. Xboxコンソール向け(850円/月)
  2. PC向け(ベータ版、現在は425円/月)
  3. Xbox Game Pass Ultimate(1100円/月)(PC・XBOX両方と「Xbox Live Gold」の加入権付)

Xboxのコンソール向けは月額850円、PCはまだベータ版で、最初は月額425円です。

その両方どりなのが、Ultimateで月額1100円です。

売りとしては「100タイトル以上のゲームへの無制限アクセス」「新しいゲームの随時追加」「Xbox Game Studioタイトルは発売日と同日に追加される」「メンバー向け割引・セール情報」とのことです。

一番重要なゲームのラインナップは以下のページから確認できます。

Xbox Game Pass ラインアップ | Xbox

だいたい150タイトルぐらいになります。

PCゲーマーとしては、インディーズゲーム好きで最近買ってないな~という人にとっては、結構お得な気がします。ただ、各タイトルを熱心に追っている人にとっては、すでに単品で買っているゲームが多いかな、という感じです。

過去の大作では、ウィッチャー3とかフォールアウト4とか、定番ものもありますね。マイクロソフトといったらのHaloも揃っています。

小粒ですが良いゲームとしてはMoonlighterとかApe OutとかASTRONEERとか、Steamでお馴染みのものがそろっています。

初月100円で入れる間は、Steamで買うかどうか迷っているインディーズゲームをちょっと試しにプレイするために入ってみるのも良いかもですね。そういう意味で、最初のキャンペーン期間はねらい目です。

今後は如何にタイトルがそろうかなのですが、この辺りのラインナップはまだわからないので、なんとも言えない部分がありますが、価格に見合うゲームが入ってくれば、かなりお得かなと。特にXbox Game Studioのゲームは発売日と同時に、ということなので、意外とお得かもしれないと思っています。