【CoD:BO4】RAMPART 17 (アサルトライフル)

ランパート

Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)のマルチプレイヤー、RAMPART 17 についてです。

レベル10でアンロックされるアサルトライフルになります。

RAMPART 17の特徴

威力が高く連射速度の遅いアサルトライフルです。

特にアタッチメントに大口径があり、2までつけると胸から上に弾を当てれば3発キルが可能です。

その分反動が大きく、慣れない人にとってはリコイルコントロールが少し難しい武器になります。

COD:BO4の武器は、全体的に反動が小さいほうなので、気にならない人は気にならないとは思いますが…。

連射速度が遅いため、近距離よりは中距離以降の距離で戦うアサルトライフルになります。

RAMPART 17の基本性能と特徴

武器名 RAMPART 17
武器種 アサルトライフル
基礎ダメージ 46
ヘッドショット 50
連射タイプ フルオート
アンロック 10
MOD 無し
装弾数 30
RAMPART 17の特徴
  • 威力が大きい(大口径2で3発キルが可能)
  • 反動が大きい
  • 連射力が低い
  • 中距離での運用

RAMPART 17のサイト

サイト アンロック 説明
リフレックス 2 1.35倍望遠の高精度なレッドドッドサイト
リーコン 6 望遠サイト。エイム中にズームボタンでズーム倍率を2.0倍と4.0倍に切替
ホログラフィック 8 1.75倍望遠と広角ビュー。ドット投影の円形レティクル
デュアルズーム 10 望遠サイト。エイム中にズームボタンでズーム倍率をx1.5とx3.0に切替
脅威発見機 11 バイオメトリック技術で周囲の敵を探知し狙いを定める

遠めを狙うことが多いので倍スコでも良いのですが、サイトなしでも十分狙えます。

倍スコは苦手だけど、丸いアイアンサイトのようなデフォルトのサイトが見づらいな~と感じる人はリフレックスがオススメです。

RAMPART 17のアタッチメント

アタッチメント アンロック 説明
大口径 3 ヘッドショットの威力が増加
FMJ 4 壁や目標への貫通力を向上。アーマーを貫通し破壊可能
ロングバレル 5 飛距離が伸びても威力が損なわれない
ファストマグ 7 リロードを速度を向上
グリップ 9 エイム中の反動を減少
FMJ Ⅱ 12 車両や装備へのダメージを増加。壁や目標物への貫通力を最大まで向上
大口径 Ⅱ 13 胸より上へのダメージを増加

大口径2までつけるのがオススメです。

反動が気になる人はそこにグリップをつける形になります。

気にならない方はFMJをつけてその威力を生かしつつさらに壁抜きを狙うのも強いですね。

壁に隠れたつもりの時に、よくそれでやられます。

他のアサルトライフルとの比較

武器名 武器レベル 説明
ICR-7 5 低い反動と高めの命中率
RAMPART 17 10 低い連射速度と高威力
KN-57 25 バランスが良く、中程度の反動
VAPR-XKG 37 高い機動力と妥当な威力
MADDOX RFB 49 腰撃ちでの命中率が高く、連射速度も速い

威力の高さを生かす戦い方ができると強いですね。

他のアサルトに比べると反動が大きいので、それが厳しい場合は他のアサルトが候補となります。

ICRだと威力不足という方はには、威力は少し落ちますが、反動も若干少なくなるKN-57などが候補でしょうか。

VAPRとMADDOXはどちらかというとSMGよりの機動力になるため、威力もランバートに比べると落ちます。

RAMPART 17のレビュー

当てる自信がある人はこれを持つと手が付けられないぐらいに強いですね。

一瞬で溶かされます。

またエイムが適当でも威力でゴリ押せるので強い武器のうちの1つかと思います。

ただ、やはり反動が大きいのがネックですね。

PC版だとあまり気にならないのですが、コントローラーだと少し難しいかもです。

大口径2をつければ、胸から上は3発キルなのでキルタイムがかなり早くなります。

SMG相手の近距離は確かに厳しいですが、こちらが先に撃ち始めていて、かつ胴体ではなく頭に当てている場合は結構撃ち勝てます。

ただ、全弾胴体だとさすがに勝てないですね。

ワイルドファイア付きのSPITFIREと近距離で撃ち合うのはさすがにつらいですし、SMGに近距離で先手をとられると難しいですね。

ただ、ある程度距離を置いた状態なら、その威力で打ち勝つケースが結構多いのを実感しています。

大口径は1だけでもかなり強いですが、2までつけておくほうがその効果を実感しやすいかと思います。

ただし、胸より上に当てる必要があるため、普段それを意識していない人は最初はちょっとつらいかもですね。

ヘッドショットが狙えるようになるとかなり扱いやすい武器になります。